かつらの歴史

かつらの歴史

かつらの歴史知っていますか?そんな昔からはないでしょうと思っていたのですが、よく考えたら誰でも見たことのある人がかつらを付けていたんです。クラシック音楽の作曲家であるバッハやモーツアルトは見たことありますよね?あのもあもあっとした白い髪の毛、あれもかつらなんです。昔はノミやシラミが流行しており、頭皮の衛生状態をよくするために自分の毛は短く剃って、人毛を編んだかつらを使うのが一般的だったんだとか。なのでみんな同じようなヘアスタイルなんですね。新宿 美容室日本でも醍醐天皇がかつらをかぶっていたという記述があるそうで、かつらの歴史は古いです。ですが、女性のかつらが普及するとなるとずっと後になり、1980年代頃になると言います。男性のは薄毛を隠すのを主としていますが、女性のかつらはウィッグとも呼ばれ、男性と同じく薄毛を隠すためのもの、おしゃれを楽しむためのもの、抗がん剤治療など病気での脱毛後に使うものなどいろいろと細かく枝分かれして現在の形になったようです。最近ではウィッグの市場価格もかなり下がってきて、安いものであれば3000円程度からフルウィッグが買えるようになりました。たまにはショートヘアにしたいとか、髪の毛を傷めずにパーマヘアを楽しみたいなどの若い女性のニーズにこたえる形で安価なウィッグが市場に出回るようになったようです。ウィッグは薄毛や脱毛などの悩みを消してくれる魔法の小道具だと思います。それで悩みが解消できるのであれば1度試してみるのもいいかもしれません。