流行りの美容室情報

肝臓を労わり美容に良い生活を送っていくようにしよう

ニキビ、くすみ、たるみ、シミ、これらの代表的な肌トラブルは肝臓の機能低下による影響を良く受けています。まずはニキビについて。肝臓の代表的な働きである毒素の分解ですが、それが正常に行われなかった場合、血液に流されてきた毒素は肌で体外に排出されようとします。その時に毛穴の皮脂腺が詰まってしまいニキビにつながるのです。くすみについて。肝臓の働きが悪くなると血液が汚れやすくなります。流れ自体も悪くなり血色の悪さにつながっていきます。血液の流れが悪くなるとくすんだような顔色につながっていくのです。たるみについて。肌を構成するうえで必要不可欠なコラーゲンは肝臓によって合成されています。肝臓の働きが低下すれば当然肌のコラーゲン不足につながりハリが失われてたるみの原因となっていきます。シミについて。肝臓機能が低下してくると本来メラニンの生成を抑制するグルタチオンが作られなくなります。この状態になると肌は少しの刺激でメラニンが作られるようになり、シミとして残りやすくなっていくのです。もしも肌のトラブルでニキビ、くすみ、たるみ、シミに関するトラブルが続出するようになったら肝臓が悲鳴をあげている状態かもしれません。この状態ではスキンケアで解決することは出来ませんので肝臓に優しい生活に切り替えるか、医者に相談して肝臓を調べてもらうようにしてください。日常的に肝臓に優しい生活を心掛けて正常な状態の肌を維持していくようにしましょう。